コニック@中小企業診断士のBlog。日本男児としての日々の成長をつづっていきます。当面(?)の目標は自分改造計画でどこまでイイ男になれるか?ですw


by konick7877
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

やっぱ事例は満点狙っちゃダメなのね・・・・

最近、やっと気づいたのですが、「事例では満点を狙っちゃいかん」というのは本当ですな。
いつもTACでは言われていたことなのですが、すこーしその意味が分かったのかなぁって感じです。
この方も書いていますが、所詮、10分や15分で考えられる内容なんて知れているのです。
自宅で過去問を解いていて、「5時間、6時間かければ、かなり多方面から考えることができるけど、わずか80分では考えられる事柄も制限される」と思います。

解答用紙に書くだけでも、(文字数にもよりますが)20-30分はかかります。
しかも、事例を読み込む時間も5-10分ぐらいかかります(1度しか読まないということはないので、実際にはもっと時間が必要ですが・・・)。
すると、内容を理解して題意を見抜くまでの時間が20分ぐらいしか無いわけで、内容もそれなりにならざるを得ない・・・・ということです。

まだ修行が足りないのもあると思うのですが、決められた時間の中で与件と問題の中から誰も文句の言えない題意を見抜くというのは、ほとんど不可能だと思っています。
(実際のコンサルタントでもないし、そんな簡単には無理でしょ(´Д`)ハァ・・・)
にも関わらず、知らないうちに「いつも満点を狙ってやろう」と思っており、それが得点に結びついていないようです。

なので、「ちょっと頑張って70点を狙う」ぐらいの気持ちに切り替えます。
完璧な解を導き出すなんて、診断士協会から発表がないと分からないのですから・・・



ただ、今年度の試験は質問主旨の発表があるので、どうなるのか分かりませんが・・・
[PR]
by konick7877 | 2004-08-23 11:36 | 診断士