コニック@中小企業診断士のBlog。日本男児としての日々の成長をつづっていきます。当面(?)の目標は自分改造計画でどこまでイイ男になれるか?ですw


by konick7877
カレンダー

2005年 09月 03日 ( 2 )

執筆のお仕事Ⅱ

今日は執筆の内容を検討してました。
いやぁ~、初めてなのもあってなかなか難しいですねぇ~。
まぁ、その分やりがいもあるし、出版までこぎつければ名前も載るし、いい経験にもなるでしょう。

しっかし、他の診断士の方ってレベル高すぎ。
どんなに頑張っても追いつけそうにないですな。。。(ノ><)ノ ヒィ
独立している人はもちろんのこと、普通にサラリーマンの人も桁違いです。
いったいどうなってんだ、この人たちは・・・・・。
今年合格する人たちがガッカリしないように、がーんばろっと。
でも、南の人は・・・ま、まぁ、それはどうでもいいやw

さて、明日は10時から美容室に行って、その後はWifeの買い物に付き合わなくては!!
[PR]
by konick7877 | 2005-09-03 21:31 | 診断士
昨日は、ふと思い立って一人で六本木ヒルズのフィリップスコレクション展に行ってきました。
いつもWifeから「頭がかたい」と言われているので、少しでも感性を磨きにいってきました。

しかも誰にも邪魔されたくなかったので、一人で行くことに決めていました。
一人で行くことをWifeに告げると、ちょっとご機嫌ナナメのもよう・・・・が、しかし、そこは抜け目のないWifeなので、「領収書もらってきてくださいね。半額、会社から補助がでるので。」と一言。
Wifeもしっかりしてるなぁ~・・・・と感心しつつ、美術展に行っただけで補助が出る会社って、いったいどんな優遇措置がある会社やねん!!と突っ込みたくなる始末。

まぁ、そんなことはさておき、音声ガイド片手に一通りみてまわってきました。

数ある有名絵画の中で一番印象に残ったのは、ボナールの「棕櫚の木」でした。
どの作品も良かったのですが、この絵にはちょっと釘付けになってしまいました。
a0016363_7323948.jpg
将来、妻となる愛人を描いた絵だそうです。
愛人とかって言うと微妙な感じもしますが、素直にボナールのこの女性に対する愛情が伝わってくるとても温かい作品でした。
出口まで行ったにもかかわらず、一度引き返して見てしまったほどの良い作品でした。

また、こういった機会があったら、一人でぷら~っと行ってみたいと思います。
(Wifeに連れて行けって言われそうですが・・・w)
[PR]
by konick7877 | 2005-09-03 07:36 | その他