コニック@中小企業診断士のBlog。日本男児としての日々の成長をつづっていきます。当面(?)の目標は自分改造計画でどこまでイイ男になれるか?ですw


by konick7877
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリ:診断士( 149 )

12/28の自分の記事に以下の質問がありましたので、自分なりの回答を書きたいと思います。

>「もし、勉強時間が500時間、できるだけ低予算で合格するにはどうしますか」

まず、回答としましては「良い勉強会」「予備校」を活用することだと思います。

■予備校について
勉強時間が500時間というのは、ちょっと厳しいような気がしますが、「少ない時間」「低予算」という意味では、予備校を利用した方が結局は安くつくと思います。
(予備校に通えるという前提ですが・・・。無理な方はWEB講座も多少は有効かと・・・・。)
私が予備校に通った理由は、「時は金なり」という考え方からです。
1年間に1回の試験で不合格になった場合、また1年間勉強の日々を送らなければなりません。
これを避けるためには30万円ぐらいのお金を投資するのは、ぜんぜん安いことだと思っていました。
(それに、合格したら投資金額の何十倍ものお金を回収してやるという気持ちもあったからですが・・)

■良い勉強会について
これは自分の勉強が行き詰ったときに非常に有効かと思われます。
1次試験ではあまり感じませんでしたが、2次試験勉強には非常に有効と言い切れます。
また、合格した後にも、苦労した仲間というのは大きな財産になると思います。
自分で考え抜く力も大切ですが、良い指摘は無駄な時間をなくしてくれると思います。
ただ、これは「良い」勉強会でないと意味はありませんが・・・。


という回答になってしまいます。
500時間・・・・・・逆に私に教えてほしいぐらいでしょうかw
ちなみに私は1,800時間を費やしたので、回答が難しいです。
ただ、「低予算」という面で「時は金なり」という考え方を持ってもらえれば、何が一番リーズナブルなのか、個人によって変わると思いますが自分に合った方法がわかってくると思います。
私にとっての1年間は、金額には換算できませんので。
(換算できても年収ぐらいか??)

ということで、宜しくお願いします。
[PR]
by konick7877 | 2005-01-04 12:05 | 診断士

H15の1次試験結果

今日は朝から市営プールに行って1km泳いで、その後は家で昼寝、そして今までウダウダやってました。
明日はマルイで本を買って、そのあとはCafeでのんびり読書をする予定です。

ところで、合格したらやろうと思っていたことを、今日やりました。
それはH15年度の1次試験の自己採点です。
去年は、自慢じゃないですが1番最初に席を立っていましたので、絶対不合格とわかっていました。
なので、とても怖くて自己採点できなくて、「合格するまでは封印しておこう」と思って棚の奥深くに眠らせていました。

TAC模範解答を参考にして採点した結果が以下の通りです。
<経済学>56点
<財務会計>52点
<企業経営>108点
<運営管理>32点
<経営法務>31点
<新規事業>64点
<経営情報>56点
<中小助言>90点

合計が489点、足きり科目が2つもある。








まぁ、不合格で当然だったということで・・・。

去年1次試験を受けたときはたぶん200~300時間しか勉強していなかったので、合格できるわけなかったのですが、それでも試験を受け終わるまでは「淡い期待」をもっていました。
まぁ、それも試験が終わるころには儚く散っていたということで・・・。

今年度は700点前後だったのですが、「よくここまで来れたなぁ~」という感じです。

さて、年賀状の残りを書き上げるとしますか(*`▽´*) うひょうひょ
[PR]
by konick7877 | 2004-12-25 23:02 | 診断士
合格したので、ちょっとエラそうですが、2次筆記についてコメントをしておきます。

私はTACに通って、数人の講師に筆記についてどのように勉強すれば良いのか、ということを何度か質問しました。
人それぞれの説明があり、どれも正解のようで間違いのようでした。

ですが、一番多くの講義を受けたE講師の感覚的な説明が一番良かったのではないかと思います。
それは「木を見ながらも森を見る(たぶんあってると思う)」です。

私の考えでは、筆記試験はテクニックも必要ですが、その前にレベルを上げるための訓練が必要になると思います。
それは、「木に注意しながらも森を見れる能力」を身につける訓練です。
おそらく診断士って、物事の一部を見て状況を判断するのではなくて、細部に注意しながらも大局を見れる能力が必要なのではないでしょうか。

私が筆記の勉強を始めたころは、「木」すらも見ることができず、回答にチンプンカンプンなことをよく書いていました。
でも、多くの事例を解いたり、時間をかけて分解したり、写経をしたりするなかで「木」が見えるようになってきました。
おそらく、ここまではほとんどの方が来られるところだと思います。

が、しかし「森」まで見るというのは、ちょっと大変です。
この「森」まで見えるようになると、事例の回答を書いていくときに「あれ?オレ、間違ったことを書いてる。一貫性がない」ということに、80分の間で気づくようになります。
「森」を見る訓練としては、過去事例を深く掘り下げて勉強したことが一番良かったのではないかと思います。
なんといっても解答のない事例なので、自分でいろいろな方向性を探りながら思考回路を広げていくことができます。
「森」が見えてくると、過去問の模範解答の間違いが、かなり見えてきます。
解答のある事例では、納得してしまうだけで思考回路をフル回転させるのは難しいと思います。

そして、「森」まで見れるようになったら、一番大事なのが解答に落とし込む作業です。
これを会得するのが最後の最後まで苦労させられました。
なんといっても、方向性が見えても事例演習ですら50点台がやっとなわけで、OhMyGodと毎回落ち込んでいました。
ですが、本試験の4,5日前に自分のTAC添削を見て気がつきました。
それは、点数を稼いでいるところと、そうでないところの文章を見たときでした。
「おや?なぜ、点数につながらない不要な説明を入れているんだろう。そんなつもりはなかったのに?」ってな感じで。
まぁ、簡単に言うと、「方向性を見切れたので、解答に落とし込む段階で油断して地雷を踏んでいた」ということでした。
この瞬間が一番「気づき」というのを感じた瞬間でした。
この思考回路で事例を見ていくと、(すでに解いた事例というのもありますが)解答がどんどん書き込めるようになってきていました。
ちなみに本試験でも、かなり地雷に気をつけたつもりですが、解答に落とし込む段階で幾つか間違いを犯していたと思います。

事例を多く解くということについては賛成ですが、それだけでは突破できないと思います。
一つの事例に多くの時間を割くことが必要です。

ということでウダウダ書きましたが、
①木を見れるようになりましょう
②木に注意しながら森を見れるようにしましょう
③解答に落とし込むときには注意しましょう
ということで。

あと、基本的な能力として、
①頭の中のものを下書きもないところから、40分で850~900文字を解答に落とし込める。
②ラインマーカーや書き込みなど、10~15分で事例を分解できるようにする。
③自分の解答プロセスを確立する。
はないと、私の場合は厳しかったと思います。
でも、これができるようになったのは、本試験の1,2週間ぐらい前からでした。

グループ学習の方は受験仲間、通学の方は講師、独学の方は・・・・?、を良い意味で有効活用して下さい。
私は通学だったのですが、授業が終わったら必ず質問に行っていました。
それは私は凡人だからです。
自分にある才能は「努力」と「熱意」だけです。

--- その他 ---
これからこの資格を目指す方は、本気を見せてください。
せっかく貴重な時間、お金を使い、自分の生活を犠牲にしながら頑張っているのです。
言い訳は聞きたくないし、そんなことを言ってる時間はありません。
言い訳する時間があるなら、勉強して下さい。

あと、他人をアテにしないで下さい。
たとえ受験仲間や講師と仲が良くても、それが合格するために必要ないなら考え直してください。
ただの甘えにならないようにして下さい。
「合格するための必要なプロセスの一つ」と考えることができ、切磋琢磨できる相手なら一緒に頑張って下さい。
合格すれば良き昔話ですが、不合格だとそれはただの昔話に終わってしまいます。
[PR]
by konick7877 | 2004-12-23 13:49 | 診断士

無事合格しました

無事、合格してました。

「嬉しい」というより、「ほっとした」という感じです。

また細かいことは明日にでも書きます。

仕事が忙しい・・・
[PR]
by konick7877 | 2004-12-22 11:03 | 診断士

明日は・・・・

いよいよ口述試験の結果が判明します。

正直、昨日、今日と昼ごはんをほとんど食べず、晩御飯もあまり食べれない状態です。

緊張と期待と不安が入り混じった変な気持ちです。

結果は、また明日・・・・・・ということで。
[PR]
by konick7877 | 2004-12-21 23:07 | 診断士

終わりました

何とか無事終わりました。

聞かれた質問は以下のとおりです。

事例2
1.FAX、メールを使用するときのメリット、デメリットについて
2.仕入れの変化に対するB社の経営状況について
事例4
3.販管費が売上に比べて増加が少ない理由(H16とH21を比較)
4.営業外費用がH16に比べてH21の方が大幅に増えている理由

の合計4問になります。
思ったより突っ込まれたので、答えはちょっと怪しかったです(´Д`)ハァ・・・

まぁ、たぶん大丈夫だと思いますが、結果が出るまでは分かりませんので、気を抜かずに12/22を迎えたいと思います。
[PR]
by konick7877 | 2004-12-12 18:12 | 診断士

いよいよ

「いよいよ」・・・・という感じでしょうか。

今日のTAC口述模試も特にソツなく終了しました。

明日の口述試験を無事に終了し、12/22を合格で迎えたいと思います。

ソイヤ!!
[PR]

by konick7877 | 2004-12-11 18:43 | 診断士

がんばれ!!オレ・・・

今日は、もうすぐLECの口述対策セミナーのために会社を出発します。
すでに昨日から受験モードに切り替わっています。

今は余計なことを考えず、ただ「合格」の二文字を奪い取ります。

やらなければならないことは、だいたい分かっているつもりです。

この試験が無事合格できたら、今までの受験を通して思ったこと、そしてなぜ合格できたのか、ということを自分なりに考えてBlogにアップするつもりです。
[PR]
by konick7877 | 2004-12-06 17:28 | 診断士
今日、簡易書留を受け取りました。
午後4時ごろ郵便局員が持ってきてくれたのですが、それを見るまでは「まさか、番号を見間違えていないよな?」と何度も診断士WEBを見直していました。

筆記合格通知を受け取るとともに「ここで口述落ちたら、本当にシャレにならん」という気持ちになります。
すでに昨日から口述対策を行っていますが、予想通り「難しい」というのが本音です。
どこを突かれるのかによって、自分にとって簡単か難しいかがわかれるからです。
今は、TAC、大原、LECの口述対策資料に目を通して、自分でまとめています。

合格率が99%ということもあり、絶対に不合格の1%に入るわけにはいきません。

本気出せ、合格しろ!!!>ワシ(*⌒▽⌒)V

P.S
しっかし、マンパの口述対策は人気高いですな。
今日の午後予約入れようとTELしたら、「すでにいっぱいです。申し訳ありません」とのこと。
ということで、TACとLECに予約を入れておきました。

・・・・・・・・もっと、いっぱいやってくれればいいのに・・・。
[PR]
by konick7877 | 2004-12-04 21:35 | 診断士

筆記試験合格しました

診断士のWEBで確認しました。

筆記試験合格してました。

こうなったら、絶対に最終合格をもぎ取ります。

素直に嬉しいです。

また、今日から12/12まで猛勉強です。
[PR]
by konick7877 | 2004-12-03 11:27 | 診断士