「ほっ」と。キャンペーン

コニック@中小企業診断士のBlog。日本男児としての日々の成長をつづっていきます。当面(?)の目標は自分改造計画でどこまでイイ男になれるか?ですw


by konick7877
カレンダー

<   2004年 08月 ( 21 )   > この月の画像一覧

昨日の台風は参りました

今日の朝、台風がひどくて午前4時に目が覚めてしまいました。
そのあとシャワー浴びて、また寝ようと思ったのですが、風の音がうるさくて眠れない・・・
それで、いつも起床している6時に起きたんだけど、なんかボーっとしてて勉強してても、うつらうつら・・・・・(´Д`)ハァ・・・

しかも、今もすごーく眠い、このまま昼寝したい気分です。

今日も帰宅したら事例をやらなきゃ・・・・・・が、ん、ば、ろ~(@゜Д゜@;)あら・・・?
[PR]
by konick7877 | 2004-08-31 12:08 | その他

模試の予定

いよいよ9/4はTAC模試の日となりました。
初めての2次模試なので、時間配分や気分転換など、どのように時間調整をすれば良いのかを確認してこようと思っています。

あと、9/5のLEC模試と9/19の大原模試も受験しようかと思っています。
おそらく1次模試よりも時間配分や気持ちの立て直しなど、感覚でつかんでおかないといけないことが多いはずですので、1次模試は2回受けましたが、2次模試は3回受けてこようと思っています。

かなりハードですが、ここで一気に試験慣れしておいて、気力と体力の配分を掴んでおこうと思います。


そういえば、先週の土曜日に2次模試を受けた方が結構いるようですが、結構きつかったような感想が見受けられます。
しかし、勉強を始めた当初はここまでキツイものだとは思ってませんでした。

さてさて、今日もがーんばろっと(ノ ̄∀ ̄)ノオオォォ
[PR]
by konick7877 | 2004-08-30 10:10 | 診断士
今日は事例3と事例4の演習を受けてきました。

事例3は、過去問と似たストーリーになっており、8割ぐらい題意を見抜くことができました。
最初は掴みづらいところもありましたが、問題を解いているうちに「はまった」という感じがしました。
解答も似たようなことが書いてありました。

事例4はやられました。
簡単な問題にも関わらず、最初の経営指標を何にすべきか迷ってしまい、解ける問題も落としていました。
CFは、ほぼ満点取れており、FCFの計算も取れていたのですが、それ以外は0点でした。
たぶんMAXで40点ぐらいでしょうか・・・・ふぅ。

先週行った事例1は運良く50点台半ば、事例2は37点という驚異的な落第点でした。
本試験と比べると、全く簡単なレベルのはずなのに点数が取れないという、なんとも言えないところです。

そういったこと(事例4)もあり、今日はちょっとヘコミちゃんとなって帰宅してきました。
なんかやる気が起こらず、しばらくボケーっとしてました。
結局帰宅してからは1.5hぐらいしか勉強してませんでした。


最近思うのですが、1次試験の結果が出てないせいもあるのか、受験生の方々のブログを読んでいると、なかなか進んでいないような気がします。
(教室の事例演習中も席を立ったり、解答用紙を提出しない人がいたり・・・・)
別にどうこう言うつもりはないのですが、去年1次を合格した人以外はみんな不安なんだと思います。
私も自己採点では7割近くをキープしていますが、マークシートの記入漏れや受験番号抜けなどがなかったか、足きりは大丈夫だろうかという不安はつきまとっています。
2次事例は、やればやるほど難しくなっていき、どこが合格レベルなのか見当もつきません。
正直、お先真っ暗です。
でも私は、まず、9/10までは頑張ろうと思います。

診断士受験生ブログを書いている人たちは、みんな一生懸命勉強してきたんだと思います。
なので、まずは9/10までは頑張りましょう。
もし1次が不合格だったら、私は年内ぐらいはのんびりしようと思っています。
今あきらめたり、逃げたりするのは簡単ですが、それでは今までの苦労が何だったのか、自分に対して申し訳ない気持ちになってしまいます。

なんかごちゃごちゃ書きましたが、顔が見えなくても頑張っている人たちがいるというのは、なかなか勇気づけられるものだと思っています。

ほんじゃ、今日はあとちょっとネットサーフィンしたら寝ます。
明日はH14事例4をやります。

まずは、事例を解くような順番で、①設問文を写経、②与件文を写経、③事例をしっかり解く、④複数の解答や説明文を見ながら、解答を写経する、⑤自分の解答と見比べる、⑥解答例の気に入らないところや疑問を、出題者、解答者の気持ちになって、なぜそのように書いたのかを見抜く、⑦再度、事例から自分なりの満足いく解答を書く、これが私が今やっている勉強法です。
これだけやっていると結構時間かかりますが、設問文や与件文の読み方、気になるキーワードなどに少しは自然に反応するようになってくると思います。

あと平日は、毎日昼休憩に30分ファイナンス問題を解いています。
もし時間に余裕のある人には、NMPの金高氏のこれもなかなかオススメです。
[PR]
by konick7877 | 2004-08-29 00:08 | 診断士
H14事例3を一昨日から解いています。
問題2(3)の「作業管理上の問題」という意味が、さっぱり理解できませんでした。
文献を調べると、どうやら「IEを使ってどのようにして改善していくのか」を考える設問でした。

ここ最近思うのですが、どうもテキストの内容を深く理解していないようです。
1次を学習するときに知識のみに走ったつもりはないのですが、いざ2次事例でアウトプットしようとすると、なかなか切り口として思い浮かばないのが現状です。
というより、事例をやっていて、初めて「あぁ、ここでこの知識を使うんだったのかぁ~」と気づかされます。
たぶん、この辺りが事例を解くにあたって時間短縮可能な部分の一つなのかなぁ、って感じです。

あとは、やっぱり書く能力が不足してますね、ほんとに。


・・・・というより、やっぱり題意をきちんと見抜けていないのかな・・・・

100%題意を見抜けて、60%の内容を反映できる解答を作る場合と
60%しか題意を見抜けず、100%の内容を反映できる解答の場合、
まぁ、単純に考えても題意を100%見抜けた方が合格に近そうですな(´Д`)ハァ・・・


でも、もし2次試験で題意を全く見抜けなかったり、設問文の語句が理解できなかったときはどうすればいいんだろうか?
そのときの心の対処方法も考えておく必要がありそうですな・・・・

ふぅ、まだまだやることは多そうです。



ところで、ふと思ったのですが、今年の2次合格者の人数・合格率ってどのぐらいを見積もっているんだろう?
質問主旨の発表、登録機関による実務補習など、2次試験の基準も今までと評価・考え方が変化してきているのかもしれません。
本当に平均60%以上、40%未満足きりという基準で採点する可能性も大きいような気がします。
まぁ、でも事例の内容が大幅に変更になるとは思いませんが。

まっ、そんなことを考えてる間があったら事例仕事のこと考えよーっと。
[PR]
by konick7877 | 2004-08-27 10:15 | 診断士

それでは私も一言

最近、勉強法についていろいろと騒がれているので一言。
あの方法がいい、この方法がいい、とあちこちで言われていますが、私の場合は違います。

どうせ勉強方法なんて分からない(決まっていない)んだけから、

言われていること全部やろ

です。

「深堀しろ」と言われれば、深堀し、
「解答を見るな」と言われれば、解答を(なかなか)見ずに問題を解き、
「完璧な解答を作れ」と言われれば、自分の中で完璧な解答を作り、
「100事例やれ」と言われれば、100事例をこなし、
「いろいろな模範解答を見ろ」と言われれば、資料を集めて、
「写経しろ」と言われれば、写経し、
「いつも事例のころを考えていろ」と言われれば、いつも事例のことを考えています。

だって、合格者が言うことなんだから、どれも正解でしょ?
たぶん、その中で自分にあった勉強方法が発見されていくのだと思います。
実際には時間の制限があるので、全て可能というわけではありませんが、それ以外に方法があるんでしょうか?

そうすると、模範解答なんて「所詮は人が作ったもの」ということが見えてくると思います。
そう、模範解答を作った彼らも100点の解答を導き出しているわけではないのです。

中には「これじゃ合格無理だろ?」みたいな模範解答もあったりします。

そうすると、「んじゃ、この模範解答を作った人はどこを間違えたんだろう?」と思い始めます。

すると、「出題者はこの中で何が言いたくて、模範解答はどこがあってて、どこが違っていたんだろう?」と思い始めます。

そうすると、「問題文と与件文が一つとなって、はじめてこの事例が成り立っているのでは?」と疑問を持ち始めます。

そうすると出題者の「題意」なるものが自分の中で確立されてくるのではないでしょうか・・・?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・よく分からんけど、今はこんな感じです。


ともかく1次発表までは頑張って、不合格だったら年内いっぱいは遊びまくってやります!!来年に向かって勉強します( ̄人 ̄)合掌
[PR]
by konick7877 | 2004-08-26 11:12 | 診断士
2次の勉強をやっていますが、刻一刻と9/10が近づいてきています。
遊んでいても、テレビ見ていても、勉強していても、寝ていても9/10はやってきます。
ということで、私は勉強しています。

まぁ、頑張りましょうということで。




ちなみに9/11,12は会社の研修です。
なにもこの時期にやらなくてもなぁ~、と思いつつも参加しないと評価が下がるとのことだそうです。

さてさて、今日も帰ったら勉強しーよおっと。
[PR]
by konick7877 | 2004-08-25 10:27 | 診断士

(事例)うちの場合

ふと感じること

1.我が家の財務管理はどうなっているのか?
2.評価制度はきちんとなっているのか?
3.熱帯魚の世話は誰がやっているのか?



             ↓




1.我が家の財務管理はどうなっているのか?
A:どうやら女性は買い物でストレス発散をしている

2.評価制度はきちんとなっているのか?
A:女性を評価するというのは、非常に勇気のいる作業である。男の評価は簡単である

3.熱帯魚の世話は誰がやっているのか?
A:飼い始めはMyWifeだが、今ではすっかり自分である(←はまっているのは自分ですが・・・w)

うーん、こう見ると、MyWifeの独裁政治活躍ぶりが、浮かびあがってくるようなこないような・・・・・



はっ?!!!!!!!!!!  このブログを見ても怒らないでね、MyWife!!






過去問の深堀はそこそこ進んでいます。
完全ではありませんが自分の勉強法が見えてきたので、あとは時間との勝負になりそうです。


・・・・・・・・・1次が合格してるといいな・・・・・
[PR]
by konick7877 | 2004-08-24 16:08 | その他
最近、やっと気づいたのですが、「事例では満点を狙っちゃいかん」というのは本当ですな。
いつもTACでは言われていたことなのですが、すこーしその意味が分かったのかなぁって感じです。
この方も書いていますが、所詮、10分や15分で考えられる内容なんて知れているのです。
自宅で過去問を解いていて、「5時間、6時間かければ、かなり多方面から考えることができるけど、わずか80分では考えられる事柄も制限される」と思います。

解答用紙に書くだけでも、(文字数にもよりますが)20-30分はかかります。
しかも、事例を読み込む時間も5-10分ぐらいかかります(1度しか読まないということはないので、実際にはもっと時間が必要ですが・・・)。
すると、内容を理解して題意を見抜くまでの時間が20分ぐらいしか無いわけで、内容もそれなりにならざるを得ない・・・・ということです。

まだ修行が足りないのもあると思うのですが、決められた時間の中で与件と問題の中から誰も文句の言えない題意を見抜くというのは、ほとんど不可能だと思っています。
(実際のコンサルタントでもないし、そんな簡単には無理でしょ(´Д`)ハァ・・・)
にも関わらず、知らないうちに「いつも満点を狙ってやろう」と思っており、それが得点に結びついていないようです。

なので、「ちょっと頑張って70点を狙う」ぐらいの気持ちに切り替えます。
完璧な解を導き出すなんて、診断士協会から発表がないと分からないのですから・・・



ただ、今年度の試験は質問主旨の発表があるので、どうなるのか分かりませんが・・・
[PR]
by konick7877 | 2004-08-23 11:36 | 診断士
今日、TACで組織とマーケティングの事例を解いたのですが、いやはや、50点もいけばいい方ですな。

組織も良くはなかったのですが、特にマーケティングは方向性を見誤ってしまいました。

マーケティング事例を解き始めて20分ぐらいしたときに、「ん?!もしや、この事例はこういう題意なのでは!!見切った!!!」と思い、一気にマス目を埋め始めました。
そのときは、珍しく俺に天使が舞い降りたと本気で思っていました。
しかし、一番最後の問題を解いているときに、「あれ??・・・・今考えている題意だと、この解答が上手く書くことができないぞ・・・・」ということに気づきました。
気がついたときには残り時間が10分しかなく、既に考え直す時間は残されていませんでした。
仕方なく、今考えていることを書き込み、タイムオーバー。

解答を見ると、半分ぐらい方向性を見誤っていました・・・・
「天使が舞い降りた」と思った瞬間は、どうやら悪魔が舞い降りていたようでした。

まぁ、こんなもんかとちょっとガッカリしながら電車に揺られて帰宅しました。

今からも過去問にチャレンジします。

ほんじゃ、また。
[PR]
by konick7877 | 2004-08-21 19:47 | 診断士
お気付きの方もいるかもしれませんが、私はいつも日中という素晴らしい時間帯にブログを書いています。
だいたいの方は、「おや?仕事中じゃないの?」と思われるかもしれません。

まったくそのとおりです、ハイ(/∀\)イヤン!


顧客先に常駐して、システム管理・運用保守、ツール開発、ヘルプデスクという形で業務を行っているのですが、正直言ってです。
最初常駐し始めたころは、慣れないこともありそこそこ忙しかったですよ、ほんとに。
(まぁ、でも、残業が50~70時間/月ぐらいかな~)
でも、だいたい必要なことは全てグループウェアでDB化して、あとは自動的にヨロシク~ってな感じにしてしまい、しかもながーく居るので部署の「主」のような存在になりつつあることも重なって、今ではほんとうに役立たず状態に近いです。
でも、大手メーカーということもあるし、結構支払いもGoodなので、契約は毎回更新されています。
顧客としても、「下手な社員よりも業務を知っているオイラの方が使いやすい」ようです。

まぁ、なので仕事はあっても、最初は1,2日かかっていたことも今では30分もあれば終わってしまうし、幾つかの部署には顔は知らないけど名前は知ってる「多少は融通がきく知り合い」もできたし、のんびーりって感じですね。

でも、このままじゃ将来危ないと思って、いろいろと取り組んでいるんですけどね。

ということで、今もこうしてブログを書いているということは、皆さんの予想通りです。
(やることはあるけど、昼からでもNo Problemなのですw)
[PR]
by konick7877 | 2004-08-20 10:13 | その他