コニック@中小企業診断士のBlog。日本男児としての日々の成長をつづっていきます。当面(?)の目標は自分改造計画でどこまでイイ男になれるか?ですw


by konick7877
カレンダー

<   2004年 09月 ( 24 )   > この月の画像一覧

伸び悩む

2次公開模試もそうだったが、直前答練もパッとしない・・・・。
まだ1次合格発表は出ていないんだが、1次の発表よりも2次試験の取り組み方について、かなり悩んでいる。
以前よりレベルアップしているのは実感できるんだが、合格レベルに達していないことも実感できる。

まだまだ与件の見落としも多いし、問題の把握もイマイチ。
やり方が悪いというよりも、まだまだ時間に追われているような感覚が抜けない。

直前答練の見直しをしていると、余計なことまで一生懸命書いている。
しかも、そのときは間違いだ、と勘違いしていることにも、あまり気づいていないらしい・・・。
自分の答案を見ていると、アホらしく感じてしまう。

昨日も事例6の講義を受けてきたが、思いっきり正解を外していた。
見抜けていない・・・というよりも、見抜けているはずなのにアセッている。

あと2週間で完成して、直前答練&大原模試で実践しないと、もはや試すチャンスが無くなってしまう。
模試や答練の成績が下位で合格したという人もたくさんいるが、上位にいた方が合格に近いことは間違いない。
(上位にいる人は、事例の題意をだいたい見抜いているみたい)

さてさて、今日も帰ったら事例の復習をしよう。
仕事も、本業に関係ないことではあるがほどほどに忙しい。


今日の朝勉で一つ分かったことは、オレはまだまだ素直じゃない、です。
[PR]
by konick7877 | 2004-09-07 11:00 | 診断士

TAC、LEC模試

さすがに2日連続模試は疲れました。
一部、解答が800字を超えるものや、やけにたくさん電卓を使わせる問題など手間取るものがありましたが、今持てる力の80-90%ぐらいは出せたと思っています。

しかし、結果としては満足できるものを書くことができませんでした。
与件文で引っかかるところがあっても、どこの解答にうまく書き込んでいいのか考える時間が足りませんでした。
そのおかげで、解答と方向性を見誤っているという感じでした。

ただ、課題はだいぶん見えてきました。
「理解力を向上させる」、これに尽きます。
もっと把握する力が強ければ、正解に近い方向性が導けたり、書き方も丁寧にすることができます。
でも、それをどうやってやれば・・・・・??
今まで過去事例をやりこんできて、結構理解力はあがったと思っています。
なので、模試事例も含めて、もうちょっと深堀りしていこうと思います。

あー、そういえば今週の金曜日が1次合格発表ですね。

疲れたので、今日はのんびりしーよおっと。
[PR]
by konick7877 | 2004-09-05 19:25 | 診断士

配点について

昨日、事例の設問を見ていて気が付いたことがありました。

それは、配点についてです。
いくつかの事例を見ていると、100文字で15点と100文字で10点という配分のパターンがあったりします。
まぁ、単純に問題数が多いと、それだけ配点は分散されるわけですが、同じ80分で書かせるという視点から見ると、ふと思うことがあります。
それは、「同じ100文字でも、内容の濃さに差があるのではないだろうか?」ということです。

・・・・が、そんなことが試験と関係あるのかを考えることに疑問を持ったので、あまり深く考えないことにしました。

今はH15事例2を解いています。
H13,14,15とやってきて思うのは、毎年だんだんと難しくなっているということです。
今までの傾向からすると合格人数は大きく変わっていないので、試験の難易度は関係ないかもしれませんが、本試験ではずいぶん迷いそうです。
もし、今年の試験がもっと難しいとしたら・・・・・・それは大変でしょうな・・・。

あぁ、そういえば、もう9月2日。
1次合格発表まであとちょっとですな。
2次試験までも、あと1ヶ月ちょっと。

ふむ、時間がない中で複雑な気持ちですな。
[PR]
by konick7877 | 2004-09-02 14:10 | 診断士
事例を解くにあたって、いつも気にしているのが「与件文」です。

しかし、昨日、(正しいかどうかは別として)ふとしたことに気が付きました。
それは、”「設問文」をもっと読み込まなければならない” ということです。
いつも与件文は集中して読むのですが、設問文はイマイチ軽視しがちでした。
(といっても、手を抜いていたのではなく、設問文自体の意味や各設問間の関係をしっかり理解していなかったということです。)

設問文の意味や関連性が理解できていないと、与件文から解答を見つけることもできず、また文章の構成もできません。
それが分かっていながら、みすみす見逃していた自分がアホらしく感じてしまいました。


また、ふと思ったのですが、800字書く事例が出たとしても40分もあれば確実に書くことができます。
そうすると40分しか近くは纏める時間があるわけです。
いつも20分ぐらい経過するとあせっていたのですが、考え方によっては結構時間があるわけです。
なので、今度の模試ではできるだけ粘って最後に答案を埋める、ということを心がけたいと思います。
[PR]
by konick7877 | 2004-09-01 11:23 | 診断士