コニック@中小企業診断士のBlog。日本男児としての日々の成長をつづっていきます。当面(?)の目標は自分改造計画でどこまでイイ男になれるか?ですw


by konick7877
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2005年 01月 ( 31 )   > この月の画像一覧

12/28の自分の記事に以下の質問がありましたので、自分なりの回答を書きたいと思います。

>「もし、勉強時間が500時間、できるだけ低予算で合格するにはどうしますか」

まず、回答としましては「良い勉強会」「予備校」を活用することだと思います。

■予備校について
勉強時間が500時間というのは、ちょっと厳しいような気がしますが、「少ない時間」「低予算」という意味では、予備校を利用した方が結局は安くつくと思います。
(予備校に通えるという前提ですが・・・。無理な方はWEB講座も多少は有効かと・・・・。)
私が予備校に通った理由は、「時は金なり」という考え方からです。
1年間に1回の試験で不合格になった場合、また1年間勉強の日々を送らなければなりません。
これを避けるためには30万円ぐらいのお金を投資するのは、ぜんぜん安いことだと思っていました。
(それに、合格したら投資金額の何十倍ものお金を回収してやるという気持ちもあったからですが・・)

■良い勉強会について
これは自分の勉強が行き詰ったときに非常に有効かと思われます。
1次試験ではあまり感じませんでしたが、2次試験勉強には非常に有効と言い切れます。
また、合格した後にも、苦労した仲間というのは大きな財産になると思います。
自分で考え抜く力も大切ですが、良い指摘は無駄な時間をなくしてくれると思います。
ただ、これは「良い」勉強会でないと意味はありませんが・・・。


という回答になってしまいます。
500時間・・・・・・逆に私に教えてほしいぐらいでしょうかw
ちなみに私は1,800時間を費やしたので、回答が難しいです。
ただ、「低予算」という面で「時は金なり」という考え方を持ってもらえれば、何が一番リーズナブルなのか、個人によって変わると思いますが自分に合った方法がわかってくると思います。
私にとっての1年間は、金額には換算できませんので。
(換算できても年収ぐらいか??)

ということで、宜しくお願いします。
[PR]
by konick7877 | 2005-01-04 12:05 | 診断士